2014年06月22日

お待ちかねのサンプルが上がってきました!!!!!!!!!!

こんにちは!

先日まで工場に出張しておりました。
向こうは暑くて外に10分いればアイスのように溶けてしまいそうです・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

今日はそんな所から持ち帰ったサンプルを紹介します!!
皆さんお待ちかね(?)のアルファロメオ Tipo33 ストラダーレ プロトタイプです!!
Img0060.JPG

当時の図面や写真をメインに、アルファロメオ・ミュージアムでの実車取材を行い3Dデータを製作しました。
今回のモデル、いつも以上に3D担当も気合いを入れて製作していましたexclamation×2exclamation×2exclamation×2
流れるようなボディラインはFerrari 330P4にも負けない美しさです。

Img0063.JPG
Img0185.JPG
サイドから見たウィンドウの丸みを再現するために、バキュームフォームでウィンドウパーツを制作しました。
斜め前、サイドから見ていただくとルーフとウィンドーの面のつながりがスムーズなのが確認していただけると思います!!
この車を制作する上での大きなこだわりポイントです!

Img0067.JPG
Img0073.JPG
リアフェンダーのボリュームの付け方も拘っています!!
アルファロメオ・ミュージアムに現存する車と、当時のトリノショーで展示された車は別の車体なのですが、リア周りの高さが異なっているようです。
手作りのボディですのでそれも"味"ですね。現存型を制作するときはリアカウルの形を変えましょう。(笑)

Img0178.JPG
リアのカウルの中には8個並んだエアファンネル、カウルの下側にはエキゾーストとミッションエンドがのぞいています。チラリズムは大事です!!

Img0201.JPG
Img0202.JPG
250GTO譲りの立体感のあるヘッドライト、特徴的なカンパニョーロ製のマグホイールも精密に再現しています。(このホイール、小さなリブがたくさん有って加工が難しいんです・・・汗)

Img0200.JPG
インテリアもこの通り!!元々Tipo33はレーシングカーですがこのストラダーレはロードカーですのでレザーを使用した凝ったインテリアです。特徴的な両サイドのチューブフレームも見えますね〜。
シートのモールド、ダッシュボードも正確に再現しております。
極めつけはこのつり下げ式のワイパーですね。
初めて見たときは「なんじゃこりゃ!!?」って感じでしたが、今は「これじゃないと!」って思ってしまっています・・・・これ実際効果有るんでしょうか??・・・・・

Img0079.JPG
ずっと以前から弊社カタログに掲載されていたTipo 33 ストラダーレ、やっと形になりました。
大変お待たせ致しました!!

posted by トゥープーチンプー at 23:54| Comment(0) | 製作途中[Alfa Romeo] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。